平成28年度 石岡第一病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 231 48 49 48 48 71 152 230 431 255
平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数のデータとなります。
70歳以上の高齢者が58.6%と前年度と同様で約60%を占めており、高い年齢層になっています。次いで10歳未満の小児が14.8%、その他の年齢層は年齢とともに増加していることが分かります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 81 14.52 12.43 1.23 67.98
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2 76 19.47 15.29 3.95 86.41
0400801299x001 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア1 62 7.63 10.21 1.61 38.94
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 53 23.98 21.25 1.89 84.85
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 50 18.32 17.95 0.00 88.48
平成28年度より肺炎の分類が細かく見直されたこともあり、第1位が腎臓または尿路の感染症、第2位に肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)、第3位に肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満)、第4位に誤嚥性肺炎と肺炎を起因とする患者が多くを占めています。
年齢を見ると、腎臓または尿路の感染症は67.98歳、肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満)は38.94歳と比較的若い患者も多くなっています。また、肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)は86.41歳、誤嚥性肺炎は84.85歳、心不全は88.48歳と高齢の患者が多く、在院日数も全国平均より長くなっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 61 4.84 5.79 0 4.02
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 55 4.64 6.02 0 1.49
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 54 4.67 6.42 1.85 4.15
030270xxxxxxxx 上気道炎 17 4.53 4.83 0 1.76
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 15 2.87 5.50 0 5.40
肺炎、急性気管支炎、喘息などの呼吸器疾患が上位を占め次に上気道炎やウイルス性腸炎が続いています。
全体的に見ても、全国平均在院日数と比較して当院の在院日数は短く効率的な入院治療が行われています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 45 41.38 27.63 0 84.84
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 37 32.14 20.57 2.7 79.97
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 - - 26.26 - -
160820xx01xxxx 膝関節周辺骨折・脱臼 骨折観血的手術等 - - 28.19 - -
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 - - 24.42 - -
前年度同様で、股関節大腿近位骨折・人工骨頭挿入術等、次いで胸椎・腰椎圧迫骨折が多くを占めています。
平均年齢をみると80歳を超えており高齢者が多く、在宅復帰を最終目標とし早期にリハビリテーションを行うことで早期退院を目指しています。しかし、独居の患者も多く退院調整に難航するケースも有り、在院日数が全国平均よりも長くなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - - - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1
肺癌 - - - - 10 - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
UICC(国際対がん連合)が定めた腫瘍の病期分類です。
不明件数は、病期分類が確定する前に転院または死亡した場合となります。
当院では、呼吸器手術など専門の治療が困難なため、他院へ紹介する症例が多く、不明10件となっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 230 15.64 72.76
重症 50 21.56 84.56
超重症 25 25.44 84.88
不明 - - -
市中肺炎とは、普段の生活の中で罹患した肺炎を示します。
重症度は市中肺炎ガイドラインによるA-DROPで分類されます。
中等症が多く、年齢は72.76歳と低くなっており、重症度が上がると、在院日数が長くなり、年齢も高くなることから、高齢になるほど重症化していることが分かります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 19 29.84 79.58 4.76
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
発症3日以内の脳梗塞が多く、早期にリハビリテーションを行うことで早い時期の退院へ繋げるように努めています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 70 0.23 1.24 0 67.03
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - - - - -
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) - - - -
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - -
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)が上位であり、1泊2日の入院で行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 39 1.54 37.77 0 84.33
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 14 2.43 34.29 0 84.57
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 14 2.00 32.71 0 71.43
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 13 1.54 29.62 0 67.46
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) - - - - -
骨折に対する手術が上位を占めています。
高齢になると転倒のリスクも増えるため、大腿骨の骨折等に対する手術が最も多くなっており、早期の退院に繋げるように早い段階でリハビリテーションを開始しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 32 2.05
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
高齢の患者が多く免疫の低下があり敗血症を発症し入院する症例が認められました。

更新履歴
2017年9月28日
平成28年度病院指標を公開しました。